うつ病チェックで早めの対応が肝心 【休ませることが一番有効】

ハート

心の病は自己診断から

うつ病は一見すると健康な人に見えてしまうため周囲の理解ない人々との間で齟齬を生みがちです。ですが「自分の辛さは自分にしか分からない」ということを念頭に置き、少しでも怪しいと感じたらセルフチェックを行って心の健康管理に努めましょう。

詳しく見る

女性

あやふやな時は利用しよう

目安ではありますが、簡単な質問に回答するだけでうつ病の有無が分かるため、自分がうつ病なのかあやふやな時は、セルフチェックサイトを利用すると良いでしょう。もしも陽性だった場合は精神科へ行き、チェック結果を早期治療に役立てるのが肝心です。

詳しく見る

ハート

タイプ別うつの傾向

うつ病には、抑鬱状態が続く大うつ病性障害と、躁状態と抑鬱状態が交互に現れる双極性障害の2通りあります。どちらのタイプも精神科で薬物療法や精神療法を受ける事が出来ます。種類によって治療方法は異なるため専門医に正しくチェックしてもらいましょう。

詳しく見る

女性

こころの異変を感じたら

うつ病の原因は様々です。今まで当たり前にできていたことができなくなった場合、うつ病のセルフチェックをすることをオススメします。うつ病の原因を理解し、病院でしっかり治療をすれば治すことができます。症状があれば早めに受診することが大切です。

詳しく見る

看護師

発症しやすい人の特徴

うつ病を発症しやすい性格チェックに当てはまるのが、感情表現が苦手という人です。治療にかかる期間は個人差が大きいですが、約7割の人は1年以内に回復します。症状を感じなくなっても勝手に治療を止めるのではなく、医師の指示に従いましょう。

詳しく見る

うつに対する基礎知識

医者

どんな人がなりやすいのか

現代はストレス社会と言われるほど、ストレスが貯まりやすい環境にあり、うつ病を患う人は増加しています。うつ病になりやすい人と言うのは、まじめで、責任感がある人です。このような人は、自分の限界を超えた量の仕事を抱え込んだり、それを処理するために休みもとらない事が多いので、チェックにより、うつ病の自覚症状を感じた時には、手に負えなくなっているのです。そんな時は、うつ病になった人を休ませることが一番有効な治療法です。疲労により体調を崩している事が多いので、休ませるだけでも、病状の回復が望めます。責任感が強く、休むことを拒否する人もいますが、ゆっくりと体を休め、病気が治ってから、また働けばよいのだからと、よく説明して、納得させることが大切です。当人が納得しないまま、無理やり休ませると、当人の気が収まらず、チェックしたら病状が悪化していたなどというケースもあります。目の前に処理しなければいけない仕事があるため、それが気になって休めないと言うのであれば、おもいきって入院させるというのも有効です。専門の医療機関でカウンセリングを受けるというのも有効です。うつ病のような、メンタル面に起因した問題は、一人ではなかなか解決できません。カウンセリングによりわだかまった心を解きほぐしていくのです。専門のカウンセラーには守秘義務がありますので、心の悩みが外部に漏れることはありませんので、おもいきって自分の心情を打ち明ければ、心も落ち着きます。また、専門医に診てもらい、投薬の治療を受けるのもよいでしょう。投薬を受けると、精神を病んだことを認めることになると、拒否する人もいますが、素人考えでは結論がでませんので、うつ病とチェックされた段階で、積極的に治療を受ける姿勢が大事になります。そして、家族は、下手に励ましたりせず、そっと暖かく見守ってあげる姿勢が大切です。下手な励ましは、精神的な負担で逆効果になってしまうことが多いのです。家族はそっと様子をチェックする程度にとどめて、根本的な治療は専門医に任せる方が、病人にとって気が楽で、早く治癒することにつながるのです。

Copyright© 2018 うつ病チェックで早めの対応が肝心 【休ませることが一番有効】 All Rights Reserved.