うつ病チェックで早めの対応が肝心 【休ませることが一番有効】

タイプ別うつの傾向

ハート

病院で診て貰うべき理由は

うつ病と聞くとただひたすらに鬱ぎ込む病気だと勘違いされる事がありますが、実はそれだけではありません。うつ病のチェックリストを使って自分でうつチェックをする人は少なくありません。しかしこの病気にはいくつか種類もあり、抗うつ剤も治療方法もうつの種類によって異なるため、精神科や心療内科で専門医に診断してもらう必要があります。一つは大うつ病性障害と呼ばれるもの。これが一般的にイメージされる、抑鬱状態が続くタイプのうつです。もう一つは双極性障害で、躁鬱病とも呼ばれます。その名の通り躁状態と抑鬱状態が交互に現れるタイプのうつです。双極性障害の場合、躁状態が訪れると一時的に症状が改善されたと勘違いされることもあり、休んでいた仕事に復帰したり抗うつ剤の投薬をやめたりしてしまう人もいます。その後また抑鬱状態が現れて治療を繰り返すという事にもなり兼ねない為、治療の中止についても医師の判断が必要不可欠です。また、大うつ病性障害も双極性障害も、心の症状の他に頭痛や目眩など身体的な症状が現れることがあるという共通点があります。うつ病にかかった場合、診てもらえるのは精神科や心療内科、メンタルクリニックを標榜するクリニックです。今の時代は若い人ほどうつ病に対して偏見が少なく、身近な病気として受け入れられています。しかし、他科と比較するとまだ敷居は高く、どのような診察や検査が行われるかなど未知だという人が大半なのではないでしょうか。精神科医が扱うのはうつ病だけではなく、その他精神疾患にはいくつもの病気があります。クリニックでは患者から症状や悩み、生い立ちなどをチェックした上で病名の診断を行います。診察以外では必要に応じて検査も行われます。検査とは一般的な尿検査や採血、MRIなどです。病名が診断された後は実際の治療がスタートします。うつ病の治療は3本柱で、薬物療法、精神療法、休養です。そのうちの薬物療法と精神療法が精神科で受ける治療です。薬物療法とは書いた字のごとく、症状に応じた抗うつ剤の処方を受ける事。精神療法とは精神科専門医や臨床心理士とのカウンセリングにより鬱原因のチェックや社会復帰を目指す治療です。どちらかではなく全てを同時進行する事が有効とされています。

Copyright© 2018 うつ病チェックで早めの対応が肝心 【休ませることが一番有効】 All Rights Reserved.