うつ病チェックで早めの対応が肝心 【休ませることが一番有効】

あやふやな時は利用しよう

女性

判定結果を活かそう

50人以上の従業員を抱える事業所ではストレスチェックが行われるようになるなど、社会的にもメンタルヘルスが注目されるようになりました。しかし、うつ病に関して正しい情報が浸透しているとは言えず、自分がうつ病に罹っているのか、あやふやな場合も一般的です。その際に利用してみると良いのが、うつ病のセルフチェックサイトであり、簡単な質問に回答するだけで、発病の有無が判定できます。チェックサイトによって質問内容は違いますが、精神科へ行った方が良いのか、その判断に役立つので便利です。さらに、うつ病に罹っていると判定された場合でも、軽度や中度といった進行具合が分かるチェックサイトも見られます。また、判定結果と一緒に改善策やアドバイスを表示するサイトも多く、有益情報を得られる場合が少なくありません。ただし、実際に精神科医に診てもらう訳ではありませんので、チェックサイトで分かることは全て目安です。それゆえ、結果上は問題が見当たらない場合でも、普段の心境と違う時は精神科で相談しておきましょう。患者数は増加傾向にありながら、うつ病に罹っていても精神科で治療を受けていない人が沢山います。中には自分がうつ病だと気付いていない人も多いため、セルフチェックで発病していることが分かった時は、その結果を活かして早期治療に役立てましょう。若干うつ病の傾向が見られるといった結果内容でも、念のために精神科でキチンとチェックを受けた方が得策です。また、チェック結果が陰性だった場合は、日頃から十分な休息を心掛けて発病予防に取り組んでください。無理はうつ病の芽を育てますので、何でもかんでも一人で完璧に遂行しようとせず、時には他人に任せることも必要です。ストレスも発病のトリガーになりますから、ストレスは適度に発散させて蓄積させないようにしましょう。そのほか、セルフチェックで睡眠関連の項目をイエスと回答した場合は、睡眠を十分に取るよう心掛けておきます。寝不足はうつ病の温床でもあるため、チェック結果が陽性気味の場合は早めに病院へ行き、睡眠障害を治しておきたいところです。

Copyright© 2018 うつ病チェックで早めの対応が肝心 【休ませることが一番有効】 All Rights Reserved.